校歌

校歌
 
 1.科学の流れ たゆみなき
   革新の世に応えんと
   常盤木匂う 丘の上に
   太しく建てる 学び舎は
   山河秀麗の 気に満ちて
   俊英幾多 育つべし

 2.蔵王の霊峰 仰ぐとき
   科学の夢は 雲と湧き
   先覚の偉業 偲びつつ
   技術もて真理 究むべく
   その風雪に 鍛えたる
   たわまぬ力 貫かん

 3.白石川の 清流に
   映して潔し 身と心
   厳しき練磨 重ねつつ
   文化の光 いや高く
   かざして日々を国富ます
   道にいそしむ わが誇り