校訓・校章

校訓
       


校章
       

本校の校章は登りばら藤の葉と,花房を図案化して,中央に工高の文字を配している。藤の葉と花房は,かつて名君と讃えられた郷土の白石城主片倉小十郎氏の家紋の一部を表徴したものである。藤の葉の強靭さは,どんな困難にあっても挫けない気魄,その花の色は校訓の誠実と優雅な心の平和,更に花の数は九重の喜びと将来の繁栄を表わすものである。工高の力強い文字は,工業立国を標榜するわが国の発展に寄与する,工業高校生の誇りと自覚とを示すものである。